SDSSDHP-256G-G25AZでベンチマーク取ってみた

SanDisk製の「SSD UltraPlus 256GB SSD(SDSSDHP-256G-G25AZ/256GB MLC SSD)」を衝動買いして、使おう使おうと思ってたのに…。

気付いたら4か月放ってたよ!Σ(゚ロ゚)o゙

せめて買ったら使おうよ、自分…。

さて、とりあえずベンチマークです。

ディスクのベンチマークといえば「CrystalDiskMark 3.0.3 x64」さんです。どうぞ。

CrystalDiskMark_Sandisk_SDSSDHP-256G-G25AZ

Σ(゚ロ゚)o゙

…うひ、何コレ速いΣ(゚ロ゚)o゙

今までケチって32GBとか60GBとか80GBとか、低容量のSSDを買っていたのでビックリ。

っていうか、スペック表の「Sequential Read (up to) : 530 MB/s  , Sequential Write (up to) : 445 MB/s」まんまじゃんかΣ(゚ロ゚)o゙

っていうか、シーケンシャル書き込み速度、461MB/sとか出ちゃってるよΣ(゚ロ゚)o゙

この前貼った「Seagate ST2000DM001」の結果。

CrystalDiskMark_Seagate-ST2000DM001

Intel SRTを有効にして、「Seagate ST2000DM001」に対して「Sandisk SDSSDHP-256G-G25AZ」の64GBを高速キャッシュに当てた場合。

CrystalDiskMark_SRT_ST2000DM001_SDSSDHP-256G-G25AZ

次はSRT有効時と無効時の起動時間を測ってみたいと思います。

→「SSDを起動ドライブにしてみた|ぽぽづれ

広告