Windows8タブレット「Acer ICONIA W510D」買ってみたΣ(゚ロ゚)o゙

Acerの8.1インチWindows8タブレット「Iconia W3|W3-810」が欲しくてお店に通った結果…!

Iconia W5|W510D」を購入したおはなし。

買ってみた Windowsタブレットが欲しい欲しい欲しい! ←今ココ

使ってみた(1) 開封の儀…!

使ってみた(2) 電源いれます!

使ってみた(3) アプリとか周辺機器とか使ってみる!

Acer ICONIA W3|W3-810が魅力的に見えたけど!

2013年7月11日に発売された8.1インチWindows8タブレット「Acer Iconia W3|W3-810」。

何はともあれ、「Windows8搭載の8.1インチタブレット」というだけですごく欲しいです。

「Microsoft Office Home and Business 2013」がプリインストールされているのに実売価格が6万円弱と安めの価格設定。

「外でさっと取り出して気軽に使えるWindowsタブレット」として、「デスクトップPCを起動しなくても寝っ転がりながらdビデオとかが鑑賞できるWindowsタブレット」として、「いざとなったらWordとかExcelも使えちゃうWindowsタブレット」として、とにかく期待大。

とにかくすごく欲しくて実機を見に行ってみたところ…!

思った以上にTN液晶の画質が残念…!(T-T)o

というか、期待していた分、かなり残念な画質。

「外でWord/Excelを使う」目的なら許容範囲なのかもしれませんが、映像も楽しみたかったので結局のところ見送る事にしました…(T-T)o

そこで目に入った Acer ICONIA W5|W510D

そんながっかりしているところに、同じくAcerの製品でキーボードドック付き10.1インチWindows8タブレットの「Iconia W5|W510D」が数量限定で置いてありました。

スペックは10.1インチIPS液晶・5点マルチタッチ液晶、解像度は1366×768、OSはWindows8(32ビット)、 CPUはIntelのAtom Z2760(1.5GHz/最大1.8GHz)、メモリは2GB、ストレージは64GB SSD、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)、Bluetooth4.0+HS、microUSB2.0×1、microHDMI、MicroSD(SDHC対応、SDXC不明)、前面カメラ(200万画素)/背面カメラ(800万画素)。本体重量は約580g、バッテリー動作時間は約9時間。2012年12月発売。

タブレットにもなるし、キーボードも付いてるし、Officeは無いけど6万円弱。ぐうぅ、すごい欲しい。

(※「W510D」はOffice無しです。「W510D-2」はOffice有りです。)

付属のキーボードドックにもバッテリーが内蔵されていて、合計で重量は1,260g(580g+680g)、バッテリー動作時間は約18時間(9h+9h)になります。

18時間って…!Σ(゚ロ゚)o゙

寝ている間に充電したら、起きている間はずっと使える感じかも!Σ(゚ロ゚)o゙

さて、他に候補として上がっていたやつも、今更ながら書いてみます。

Microsoft Surface PRO

まずは、Microsoft純正のWindows8タブレット「Microsoft Surface PRO」と、しっかり物理キーボード「TypeCover」の組み合わせ。

スペックは、10.6インチIPS・10点マルチタッチ液晶、解像度1920×1080、Windows8 Pro(64ビット)、Intel core i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)、メモリ4GB、ストレージ128/256GB SSD、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)、Bluetooth4.0、前面カメラ(画素数不明・120万?)/背面カメラ(画素数不明120万?)、USB3.0×1、Mini DisplayPort、microSDXC×1、デジタルペン(電磁誘導方式)付属。Office H&B2013。本体重量は約914g、バッテリー動作時間は約4時間。

Windowsタブレットの中では珍しくcore i5を搭載。高速処理が可能。画面解像度が1920×1080だったり、メモリ4GBだったり、USBが普通のサイズの3.0だったりとか、高性能な印象です。

電磁誘導式のデジタルペン付き。Wacomのドライバが入っていたのでWacom製なのかも?(保障は出来ませんが、他のワコムのペンが使えた事例もあるようです。)。

高性能と引き換えで、914gと重く、バッテリー動作時間も約4時間と短めなのが弱点。10.6インチというのもあって微妙に大きいです。

TypeCoverとのセットが打ちやすくて良い感じなのですが、ガンガン打ち込んでると、Enterのふちに指が当たって痛かったり、WindowsUI推奨のため、[ALT]+[F4]が押しづらかったり。

(具体的にはEnterがちょっと小さい気がする)

そして、何より重さと…値段が厳しいです…(^-^;

ASUS Vivo Tab Smart

ASUSの「ASUS Vivo Tab Smart ME400C」+「専用トランスリーブ+専用キーボード セット」の組み合わせ。

スペックは、10.1インチIPS・マルチタッチ液晶、解像度1366×768、Windows8(32ビット)、Intel Atom Z2760(1.5GHz/最大1.8GHz)、メモリ2GB、ストレージ64GB SSD、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth4.0、前面カメラ(200万画素)/背面カメラ(800万画素)、microUSB×1、microHDMI×1、microSDHC×1。本体重量は約580g、バッテリー動作時間は約9.5時間

「ME400C専用トランスリーブ」という専用のカバーは、タブレット使用時のカバーになりつつ、折り目に沿って折っていくとそのままスタンドになったりするユニークなカバーです。

「ME400C専用Bluetoothキーボード」はマグネットでトランスリーブに貼り付けて持ち運べます。使う時はキーボードを外して、カバーを組み立ててノートPCスタイルで使用します。

軽いし薄いし良かったのですが、専用Bluetoothキーボードの充電がMicroUSBポートで、本体から充電するにはケーブルを使わないといけないっぽいのでちょっと面倒そう。

Fujitsu Arrows Tab

富士通の「Fujitsu Arrows Tab Wi-Fi QH55/J」+「キーボード付専用ケース」。

スペックは、10.1インチIPS・マルチタッチ液晶、解像度1366×768、Windows8(32ビット)、Intel Atom Z2760(1.5GHz/最大1.8GHz)、メモリ2GB、ストレージ64GB SSD、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)、Bluetooth4.0、前面カメラ(200万画素)/背面カメラ(800万画素)、microUSB2.0×1、HDMI(専用ケーブル必要)×1、microSDXC×1。Office H&B2010。本体重量は約574g、バッテリー動作時間は約10.5時間

OfficeH&B2010付がQH55J、Office無しがQH55J2、富士通WEBMART直販モデルでオプションが色々選べるWQ1Jがありますが、最大の特徴は防水対応というところ!お風呂でdビデオ見たりできるよ!Σ(゚ロ゚)o゙

充電スタンドへのセットがし易いのもポイントが高いです。前々から「良いなぁΣ(゚ロ゚)o゙」とは思っていたのですが、値段がちょっとお高かったり、防水なだけに放熱が弱いらしく結構熱くなるという情報あり(実際結構熱かった)。

Dell Latitude 10

Dellの「Dell Latitude 10」。

スペックは、10.1インチIPS・5点マルチタッチ液晶(ゴリラガラス)、解像度1366×768、Windows8(32ビット)、Intel Atom Z2760(1.5GHz/最大1.8GHz)、メモリ2GB、ストレージ128GB SSD、無線LAN(IEEE802.11a/b/g/n)、Bluetooth4.0、前面カメラ(200万画素)/背面カメラ(800万画素)、USB2.0×1、MiniHDMI×1、SDXC×1。Wacom静電容量方式ペン対応。本体重量は約658g、バッテリー動作時間は非公開(約8時間?)。

Wacomのデジタルペンに対応している事、フルサイズのUSBポートとSDXC(128GBまで対応)リーダーが付いているところが特徴かな。充電ポートがMicroUSBで、PCとのデータ転送にも使えるらしいです。

BTOでWin8Proにしたり、バッテリーを倍の4セルにしたり出来ます。

安価なLatitude 10 essentialsもあるものの、そっちは64GB SSD、バッテリー交換不可能、デジタルペン非対応だったりして後での拡張が出来ないので注意。

充電スタンドへのセットはしづらいです。不器用なボクでは、その内ポートが壊れそうでした…(^-^;

悩んだ末に…

Windows8タブレットが欲しいという目的はあるものの、なかなかどの機種にするか目移りしちゃいます(^-^;

いや、そもそも本当は、
W3-810が欲しかったんだよぅ!Σ(゚ロ゚)o゙

AOD250壊れちゃったし、手軽に使えるタブレットPCが欲しかったんだよぅ!Σ(゚ロ゚)o゙

でも、W3-810の実機を触ったら、
TN液晶の画質が思った以上にアレだったんだよぅΣ(゚ロ゚)o゙

画面の「滲み」というか、「粒状感」は「き、気のせいかも?Σ(゚ロ゚;o゙」とか思って、実は少し日を改めたり、複数の店舗を渡ってみたりしたけど、やっぱり画像とか映像とかを見るには厳しい感じでした(^-^;

メモ帳を開いてみたところ、真っ白の部分にも粒状の模様が見えてしまうので、サイトを見たり、テキストを読んだりするだけでも、疲れてしまいそうな印象です。

とにかく液晶画面が残念すぎでした(^-^;

まあ、そんなこんなで悩んでいるところ、W510Dがビックカメラ本店パソコン館に数量限定で64,800円であったので、さんざんいじったり、商品のまわりをぐるぐるしたり、「これ、もうひとこえ!Σ(゚ロ゚)o゙」とか店員さんに声かけたりと、小一時間ほど悩んだ挙句、けっきょく買っちゃいましたΣ(゚ロ゚)o゙

Surface Proのcore i5と解像度1920×1080にはかなり悩まされたものの、持ち運びタブレットとしてはハイスペック過ぎだよね?(^-^;(ちょっと重量感もあるし、お値段もちょっと…)

とりあえず、箱を開けるのは次回…。

続く

広告