リンクをカードにするプラグインを作ろう!(3)cURLでサイトの内容を取得する

リンク先のタイトルと概要文を取得します。

前回まで

プラグインのひな型を作りました。

今回もコードを書いていく

URLパラメータを取得する

ショートコードが書かれたときに呼ばれるshortcodeにコードを書いていきます。

第一パラメータには指定されたパラメータが連想配列で入ってきます。

$url に urlパラメータで指定された文字列を入れてみましょう。

cURLでアクセスする

cURLという機能を使ってリンク先のHTMLを取得します。

cURLがエラーだったときの処理

エラーのときはタイトルも概要文も取得できないので、タイトルにURLを入れておきます。

これで$htmlにリンク先サイトのHTMLが取得できました。

ここからタイトルや概要文を抜粋します。

今回のコード

今回はここまでです。

次回は・・・

今回取得したHTMLからタイトルと概要文を抜粋します。

では、この辺で。(^-^)o

広告