VAIO VPCJ216FJを1TBのSSDに換装してみた

「NEC VALUESTAR W VW770/ES6」に引き続き、「SONY VAIO VPCJ216FJ」も1TBのSSDに換装します。

今回1TB SSDへ換装するPC

2011年6月11日発売の「SONY VAIO VPCJ216FJ」。

vpc216j

「PC・テレビ・ブルーレイディスクレコーダー。1台3役のずっと使える『ボードPC』」と銘打った液晶一体型の「Jシリーズ」です。

CPUはIntel Celeron Dual-Core B810(1.6GHz)、メモリーは4GB(DDR3 PC3-10600/最大8GB)、画面サイズは21.5インチ液晶一体型、解像度は1920×1080(FHD)、HDDは1TB(SATA/7200RPM)、光学ドライブはDVDハイパーマルチドライブ、有線LANは10/100/1000bps、無線LANはIEEE802.11b/g/n対応、地デジチューナー搭載、OSはWindows 7 Home Premium 64bit、Microsoft Office Home and Business 2010がプリインストール、Webカメラとマイクも内蔵。

240GBのSSDと500GBのUSB-HDDで使っていたので、今回、これを1TB SSDにまとめます。

スタンド部を外してSSD交換

すっかりどこを開ければいいのか忘れていましたので、過去記事参照。

スタンド部を外すだけで良いようです。

スタンド部のネジを外して、下に引き下げる感じでスタンドを取り外します。

vpc216j-stand

SSDを取り出します。

1TB SSD「Ultra 3D SSD SDSSDH3-1T00-G25」

父親用に1つと母親用に1つ、同じ物を購入しました。

1TBのSSDが1万5千円を切ってるとか、安くなったものです。

HDDスタンドでクローン

「KURO-DACHI/CLONE+ERASE/U3」を使って、240GB SSD→1TB SSDのコピー(クローン)を行います。

「HDD 1」にコピー元、「HDD 2」にコピー先をセットして、「Crone」ボタンを押します。

LEDが4つとも点滅してクローン完了。

だいたい20分くらいでした。

本体にSSDを組み込んで起動テストです。

動かないパーティション

「PC」を右クリックして「管理」。

「ディスクの管理」を開きます。

Cドライブを拡張しようとしましたが、Cドライブの後ろに「回復パーティション」があって動かせませんでした。

EaseUS Partition Master をインストールしてみた

そこで「EaseUS Partition Master Free 13.5」(イーザス・パーティション・マスター・フリー)をダウンロードしてインストールしました。

Cドライブの後ろの「回復パーティション」を右クリックして「サイズ調整/移動」を選んで、一番後ろの位置にドラッグして移動させて、

今度は「Cドライブ」を右クリックして「サイズ調整/移動」を選んで、パーティションの終わりの位置をドラッグして目いっぱい広げました。

あとはDドライブ(外付けUSB-HDD)のデータをCドライブへ移動させて完了です。

思った以上にあっさり終わりました。

起動確認

あとは起動確認して、USB-HDDからSSDへデータを移しました。

外付けHDDが無くなってスッキリ!

では、この辺で。(^-^)o

広告