子どものパソコンをパワーアップさせたい!(ついで(?)にぼくのも。)

長男坊のパソコンをどうやってグレードアップしようか検討中です。

子どものパソコングレードアップ作戦

長男坊の使っているパソコンはCPUとして「AMD® E1-2100 APU」が搭載されているマザーボード「GA-E2100N」を使用しています。

省電力な上、グラフィック性能として「Radeon™ HD 8210」を搭載していたりして、グラフィック機能をCPUに取り込もうという過渡期にはワンチップでグラフィックも扱える良いものだったのですが、現在としては完全に性能不足です。

一緒にゲームを遊ぶのにもちょっと厳しいのだけど、それよりもOfficeとかを快適に使ってもらいたい。

そんなわけでパワーアップ計画中です。

パターン① アウトレット品などを組み合わせる

今のところ狙っているのは Intel Core i5-4460あたりです。

(画像はAmazonから参考のため表示させているものです。実際には店舗でアウトレット品/中古品を探すのでAmazonでの販売価格とは異なります。)

品名 種別 価格
Intel Core i5-4460 中古/アウトレット 16,980
H81マザーボード 新品 6,030
DDR3メモリ 4GBx2 中古/アウトレット 4,980
合計 ¥27,990-

性能としては Intel Core i5-4460 をメインに据え置いて、内蔵グラフィックを使っていく感じ。

ぼくのパソコンが今、 Intel Core i5-2400S を使っていて困っていないので、その後の世代である Intel Core i5-4460 ならばまず問題は無いでしょう。

一番最初にダメになるのがコンデンサまわりなので、マザーボードだけは新品にしておきたいです。

CPUとメモリもオーバークロックとかで無茶させたやつが中古になっているかは分からないので、そこは運次第になってしまいます。

  • メリット
    • 比較的出費を抑えつつも、「子どものパソコンの動作を快適にさせる」という目的が果たせる。
  • デメリット
    • 3万円とそこそこ大きい出費なのに、パーツに中古品を流用しているため、故障したときの保証が薄い。

パターン② ぼくのPCをグレードアップさせる

子どものパソコンをグレードアップさせると見せかけて、ぼくのパソコンをグレードアップさせて、余ったパーツを子どもにあげる作戦です。

品名 種別 価格
Intel Core i5-7500 新品 23,628
Z270マザーボード 新品 18,790
(同時購入割引) △2,000
DDR4メモリ 4GBx2 新品 8,284
合計 ¥48,702-

パターン①に比べると単純な出費としては2万円ほど高くはなってしまっているのですが、お金を出して中古パソコンが一台できあがるだけのパターン①に比べて、それなりに最新の新品のパソコンが一台組みあがることになります。

そして、2台のPCがグレードアップできるというところがミソです。

  • メリット
    • どのくらいの性能が出るか分かっているものを子どもに渡せるので、メインの目的は果たせる。
    • ぼくのパソコンが良くなる。
  • デメリット
    • 誰のためのグレードアップなのかよく分かんなくなる。

でも、まずは、学費。

とりあえず覚え書き程度に書いてはみましたが、9月に後期の学費の支払いがあるので無駄遣いは出来ないのです。

でも、子どものパソコンは就職活動にも使ってもらっているので無駄遣いじゃないんだけど、ぼくのパソコンをグレードアップさせる必要は無いけど、1万ちょっとの差額だとどうしようかなぁとか色々もう少し悩んでみます。

では、この辺で。(^-^)o

広告