簡単Wi-Fi対応状況を更新しました

AndroidのWi-Fi簡単設定(WPS/AOSS/らくらく無線スタート) 対応状況」を更新しました。

追加・修正した機種

  • NTT docomo「Xperia Z2 SO-03F」追加(WPS対応)
  • NTT docomo「ARROWS NX F-05F」追加(接続・テザリングともにWPS&AOSS対応)
  • NTT docomo「AQUOS ZETA SH-04F」修正(接続・テザリングともにWPS対応)
  • NTT docomo「AQUOS PAD SH-06F」修正(接続・テザリングともにWPS対応
  • NTT docomo「Disney Mobile on docomo SH-05F」追加(WPS&AOSS対応)
  • au「Xperia ZL2 SOL25」追加(WPS対応)
  • au「AQUOS SERIE SHL25」追加(接続・テザリングともにWPS対応)

親機側の操作

Android端末側と、無線LAN親機側の両方が同じ簡単設定に対応している必要があります。

(「AOSS」を選ぶ場合ならどちらも「AOSS」に、「WPS」を選ぶ場合ならどちらも「WPS」に対応している必要があります。)

Android端末側で「WPS」や「AOSS」の接続設定をスタートさせた後、無線LAN親機のプッシュボタンを5~6秒ほど押し続け、ランプが点滅し始めたらボタンを離します。(らくらく無線スタートボタンの場合、もう一度長押しします。)

数秒~数十秒で接続設定がされます。

無線LAN親機がBUFFALO製の場合は[AOSS]ボタン、NEC製の場合は[らくらく無線スタート]ボタンとなっていますが、最近の機種であればWPSボタンとしても機能します。

Xperia Z2 SO-03Fの設定方法

  1. 本体設定画面へ入る。
  2. 「Wi-Fi」を押して、Wi-Fi設定画面へ入る。
  3. 矢印が2つ組み合わさった「WPSのボタン」を押す。
  4. ルーターのボタンを押すように表示されたら、親機側の操作をする。

ARROWS NX F-05F

こちらの機種はテザリングの画面から「Wi-Fiテザリングかんたん接続」で、WPSもしくはAOSSで接続設定が出来ます。

手軽にテザリングが出来るので便利です。

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「Wi-Fi」を押して、Wi-Fi設定画面へ入る。
  3. 「かんたん接続/ネットワーク選択」を選ぶ。
  4. 「かんたん接続」→「WPS方式」もしくは「AOSS方式」を選ぶ。
  5. ルーターのボタンを押すように表示されたら、親機側の操作をする。

AQUOS ZETA SH-04F (NTT docomo)

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「Wi-Fi」を押して、Wi-Fi設定画面へ入る。
  3. 「簡単設定」を選ぶ。
  4. 「WPSプッシュボタン」もしくは「AOSS」を選ぶ。
  5. ルーターのボタンを押すように表示されたら、親機側の操作をする。

テザリングの親機として動作する際、子機をWPSで簡単接続することができます。

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「その他」を選ぶ。
  3. 「テザリング」を選ぶ。
  4. 「Wi-Fiテザリング簡単接続」を選ぶ。
  5. 「WPSプッシュボタン」を選ぶ。
  6. 子機側でWPSの接続操作をする。

AQUOS PAD SH-06F (NTT docomo)

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「Wi-Fi」を押して、Wi-Fi設定画面へ入る。
  3. 「簡単設定」を選ぶ。
  4. 「WPSプッシュボタン」もしくは「AOSS」を選ぶ。
  5. ルーターのボタンを押すように表示されたら、親機側の操作をする。

SH-04Fと同じくテザリングから「Wi-Fiテザリング簡単接続」で、Wi-Fi子機とWPSによる接続設定が出来ます。

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「その他」を選ぶ。
  3. 「テザリング」を選ぶ。
  4. 「Wi-Fiテザリング簡単接続」を選ぶ。
  5. 「WPSプッシュボタン」を選ぶ。
  6. 子機側でWPSの接続操作をする。

Disney Mobile on docomo SH-05F (NTT docomo)

AQUOS PHONE ZETA SH-01Fがベースのようです。

Wi-Fi簡単接続としてはWPSとAOSSに対応。

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「Wi-Fi」を押して、Wi-Fi設定画面へ入る。
  3. 「簡単設定」を選ぶ。
  4. 「WPSプッシュボタン」もしくは「AOSS」を選ぶ。
  5. ルーターのボタンを押すように表示されたら、親機側の操作をする。

テザリングは手動設定のみ対応です。

Xperia ZL2 SOL25 (au)

WPS対応。

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「Wi-Fi」を押して、Wi-Fi設定画面へ入る。
  3. 矢印が2つ組み合わさった「WPSのボタン」を押す。
  4. ルーターのボタンを押すように表示されたら、親機側の操作をする。

AQUOS SERIE SHL25 (au)

WPSとAOSSに対応。

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「Wi-Fi」を押して、Wi-Fi設定画面へ入る。
  3. 「簡単設定」を選ぶ。
  4. 「WPSプッシュボタン」もしくは「AOSS」を選ぶ。
  5. ルーターのボタンを押すように表示されたら、親機側の操作をする。

こちらもテザリングにもWPS接続が使用できます。

  1. 本体設定へ入る。
  2. 「その他」を選ぶ。
  3. 「テザリング」を選ぶ。
  4. 「Wi-Fiテザリング簡単接続」を選ぶ。
  5. 「WPSプッシュボタン」を選ぶ。
  6. 子機側でWPSの接続操作をする。

テザリング簡単接続対応

ほとんどのスマートフォンやゲーム機でWi-Fi簡単登録としてWPSが搭載されていたりするので、テザリングがWPSやAOSSで登録できるのは手軽で便利。

面倒なパスワードの入力が無く、タッチしていくだけで登録出来てしまうので、「ファミレスとかで友達と集まって通信対戦!」なんていうシチュエーションでは大活躍です。

テザリング簡単設定がどんどん搭載されていくと嬉しいですね。

富士通のARROWSシリーズはちょっと古い機種でもテザリングにWPSやAOSSが使用できるものが多いです。

AndroidのWi-Fi簡単設定 対応状況

こちらのリンクからキャリア・メーカー・型番等で検索ができます。

リンク先で、検索ボックスに「メーカー名」や「型番」を入力すると、Wi-Fi簡単設定の対応状況をささっと見る事が出来ます。

型番検索

広告