Core i5-2400SでPC組んでみた(1) 組み立て

メインPCを組み直しました。

12月くらいからちょくちょくパーツ単位で組みなおしていたものの、中身はほとんど総とっかえした状態に…。

材料(パーツ)は、

種別 外観 品名 備考 購入日
CPU Intel CPU Core i5 i5-2400S 2.5GHz 6M LGA1155 SandyBridge BX80623I52400S Intel Core i5-2400S ⇒IntelのSandy Bridge世代の中堅i5シリーズの2400に「S」が付いた省電力版。省電力な代わりにちょっと遅い。候補だったものが売り切れだったので購入。後悔はしていない。多分。 2012/01/01
¥15,480-
マザーボード ASRock Z68 ATX Z68 Pro3 ASRock Z68 Pro3 ⇒「絶対GIGABYTEのにしよう」って思っていてお目当てのマザーも一回手に取りつつも…何故かキワ物で有名なASRockをチョイス。新製品では無いけど、基本はしっかり押さえてあって、「あ、これがいいや」って思ったのでこれに。 2012/01/01
¥9,410-
 メモリ A-DATA 増設メモリ 240pin Unbuffered DDR3-1333 ( PC3-10600 ) 8GB ( 4GBx2 ) CL9 [14156] AD3U1333C4G9-2 ADATA AD3U1333C4G9-2(DDR3 PC3-10600 4GBx2)  ⇒前回のメインPCがCFDだったので、今回もCFDにしようと思っていたけど、買いに行ったところで一番安いのに…動けばいいんだ、動けば。2133にしたところでそこまで速度に拘らないし、熱処理面倒そうだし。 2012/01/01
¥2,670-
 SSD Agility 3 60GB 2.5" SATA SSD ocz AGILITY3 AGT3-25AT3-60G  ⇒MLCだけど、安くて高速。SATA3.0対応。SSDは容量が大きいほど速度が上がる傾向なので上の容量も悩んだものの、安売りしていたのでこれで。どうせでっかいデータはWHSに置いておくから問題無し。⇒結局X25-Mにした(笑) 2011/12/11
 SSD インテルCorporation ssdsa2 m080g2gc新しいインテルx25 - M 80 GB 2.5インチSSDソリッドステートドライブ – SATA II ssdsa2 Intel X25-M  ⇒安心のIntel製、SATA2.0対応、容量は80GB。当時はMLCの中では高速でした。
 グラフィックボード ASUS GeForce GTX 550 Ti (Fermi) 1GB 192-bit GDDR5 PCI Express 2.0 x16 HDCP Ready SLI Support Video Card, ENGTX550 TI DC TOP/DI/1GD5 [並行輸入品] ASUS ENGTX550 Ti DC/DI/1GD5  ⇒8600GTだったので、何選んでも高速化。でもあんまり消費電力増やしたく無い。安売りしていたのでこれに。 2011/12/11
¥7,980-
 ケース ZALMAN ATX ミドルタワーケース Z9 PLUS ZALMAN Z9 PLUS  ⇒パっと見て「かっこいい!」って思うのに5千円を切る価格。電源は別売りなのはむしろ利点。ファン4基搭載で夏場も安心。ケースの内部が見えるようになっていて、ファンに青色LEDを使っているのは趣味というか、邪魔な人もいるかも? 2011/12/26
¥4,770-
 電源 Enhance Stronger2 ATX-0250  ⇒80Plusスタンダードの500W電源。12Vが安心の1レーン。全105℃コンデンサ(一次側は日本製)などなど。 2011/12/11
¥2,980-
 キーボード WiNDy VANGUARD V101  ⇒メンブレン式なのにキータッチが良い感じで惚れ込んで購入したキーボード。でも、茶軸にキュンキュン来てる今日この頃。
マウス LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700 Logicool G700 ⇒ロジクールの多ボタンマウス。キーアサインは内蔵メモリに記録可能。充電池は単三Eneloopが1本で、2日くらいで切れちゃうのが難点。USBケーブルを繋ぎっぱなしで使っている状態。 2010/11/05
¥9,980-
ディスプレイ Acer AL1916W/19型ワイド液晶モニタ/付属有 acer AL1916W ⇒19インチ液晶ディスプレイ。解像度はWXGA+(1440×900@75Hz)。入力端子はD-SubとDVI-D。購入当時としては、安くて高解像度。映画鑑賞はほとんどしないので16:9である必要は無いのでした。
スピーカー LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー LS-21 Logicool LS21 ⇒安くてサブウーハー付きの2.1chアクティブスピーカー。手元ボリュームスイッチ付き。音が出れば十分なので音質は気にせず。
USBハブ iBUFFALO USB2.0Hub バスパワー 7ポート ドーム型 ブラック BSH7U01BK BUFFALO BSH7U01BK ⇒机においておけるコンパクトなUSBハブ。前に2ポート、上に2ポート、後に3ポートあるのでマウスは後ろ等、挿し分けられる。
OS Microsoft Windows7 Professional 64bit Service Pack 1 日本語 DSP版 DVD LCP 【紙パッケージ版】 Microsoft Windows 7 Professional 64-bit DSP版 ⇒「Windows 7 HomePremium アップグレード ファミリーパック」でアップグレードの予定でしたが、結局Professional版を購入してしまいました。 2012/01/01
¥13,480-

数年ぶりに1からの組み立てだったのと、写真撮りながらだったので、実際には数日かかったものの、正味1~2時間くらいかな。

パーツやらの何やらも新しくなって、組み立ての常識(?)が変わってたりしたけど何とか完成。

組み立てのポイント(?)とか、気になったりしたところは、

  • CPUクーラー(ファン)装着
  • マザーボード「ASRock Z68 Pro3」の保護フィルム
    • チップセットのヒートシンクと、CPU横のヒートシンクに保護フィルムが貼ってあるので剥がす必要あり。気付かず貼りっぱなしだったら熱的によろしくなさそう…。あぶな。
  • マザーボードのケースへの設置
    • マザーボード側のネジ穴に合わせて、六角スペーサーを追加します。スペーサーは、マザーボードをしっかり固定する目的以外にも、ケースとマザーボードとの接地を防いだり、拡張カード等を挿す際にマザーボードが反らないようにしたりするのに必要なので、適切なところにつけましょう。
    • I/Oシールド(バックパネル)をケースにハメこんで、マザーボードを設置します。マザーボード側の端子の上に乗っかるようにバックパネルの爪の部分を調整します。
    • 「マザーボードをしっかり固定して、運用後に拡張カードを挿そうと思ったらズレてて入らない…」という事態を防ぐために、グラフィックカードと、一番端っこのPCIスロットに適当なカードを挿して位置合わせ。6か所(MicroATXだと4か所とか。)、軽くネジを締めてます。位置が決まったら、ネジを止めるのに邪魔なカードを抜いてしっかり本締めをします。対角線毎に締めていくと良いようです。(左上→右下→左下、右上という感じで締めていく)
  • ケース「Z9 PLUS」の電源スイッチ
    • フロントカバーを開けた時に切断してしまうのを防止するために、電源スイッチのケーブルが外された状態で出荷されているので、接続する必要があります。
    • フロントカバーを外す時は、4か所(左右に2か所ずつ)の爪を外す必要があります。上下からつまみながら、押し出すようにすると外れやすいと思います。
  • ケース「Z9 PLUS」の配線について
    • マザーボードを設置した裏側にも空間があるので、配線の一部を裏側にまわせます。ケースに付属の12V30cm延長ケーブルを使用する事で裏からまわし易くなります。
    • 使用していない電源ケーブル等は下の空いているスペースに押し込んでおきました。プラグイン式だともっとスッキリしそうです。
  • ケース「Z9 PLUS」ファンの電源、全面パネルファンコンについて
    • ファンの電源については、ケース背面のファンだけは電源ボックスからの4ピンペリフェラルコネクタで繋ぎ、後はお好みでファンコンとマザーボードに繋ぎます。ファンコンには電源ソケットが2つしかついていないので、1個はマザーボードのケース(CHASSIS=シャーシ)ファンのコネクタに挿すしか無いのでした。
    • 付属パネルのファンコンを回すと多少ファンの音が変化するものの、ファンコン配下のファン2、配下じゃないファンが2個あるので効果はどうなんだろう?
    • USBコネクタとオーディオコネクタはキツメで、挿す時にややゆがむくらい。CD/DVDの取出し時に邪魔にならないように一番下に付け替え。
  • ケース「Z9 PLUS」ベイ・拡張スロットについて
    • PC自作する人には常識ではあるものの、前面のドライブベイと、後ろ側の拡張カードを挿す部分は塞がっています。ネジを外してもドライブを挿すところの蓋はしまったままです。
    • 使用する際は何回か折り曲げて金属疲労させて折り切ります。 特に拡張スロット側は使用の都度に折り切るとマザーボードを傷つけてしまう恐れがあるので、使いそうなところは全部切り取って、ブラケットカバーをしておいた方が良いと思います。
  • ケース「Z9 PLUS」HDDのマウントについて
    • マザーボードを装着した裏側にSSDを搭載する場所があります。右側カバーを外すだけで換装出来るのが便利です(2.5インチHDDは放熱が悪そうなので、3.5インチベイ側に設置しましょう)。
    • 5インチベイへHDDを付ける場合、専用の「HDD Anti-Static rubber」というゴムを4か所に付けます(ケースマニュアルP12参照)。ケース側プラスティックレバーを少し持ち上げながら取り付け・取り外しをします。固定用のボルトもとめておきましょう。

そんなこんなで出来上がり。

起動しなかったりした場合、また開ける事になるので、通常は起動テストをしてから左右のカバーを閉めましょう。

広告

『Core i5-2400SでPC組んでみた(1) 組み立て』へのコメント

  1. 名前:ぽぽろん 投稿日:2012/02/05(日) 11:59:28 ID:80b1ce4a9 返信

    「マザーボードのケースへの設置」を追加。