電源ボックス「Enhance Stronger2 ATX-0250」使ってみた

ちょっと前に購入はしていたものの、しばらく箱のままだったので、繋げてみました。

まずは、今使っている電源と簡単なスペックの比較。

Power ONE VALUE GM400WP-R Stronger2 ATX-0250
メーカー SkyHawk Enhance
代理店 株式会社サイズ
規格 ATX ATX12Vバージョン2.3 準拠、EPS12V対応
定格 430W 500W
ファン 40℃以下の時ファン停止 オリジナル高効率14cmファン
コンデンサ ALL105℃コンデンサ
(一次側日本製)
その他 3年間長期保証
PCI-Exp6ピン+2ピンコネクタを2個搭載
過電流保護、過電圧保護、過電力保護、短絡保護、不足電圧保護、過熱保護など安全回路搭載

どっちも電源本体からケーブルが伸びているタイプ。プラグインも良いなぁと思うものの、今回は2,980円という値段で買ってしまいました…。

さて、簡単にシーン別に換装前後の消費電力の差を見てみました。
(電源以外の構成は変えず、電源だけ入れ替え。AMD Athlon 64 X2 5200+、AMD770、SSD、HDDの構成)

SkyHawk GM400WP-R Enhance ATX-0250
起動POST画面 108W 103W
Windows起動中 124W 121W
ようこそ画面待機 83W 80W
ログオン中 115W 109W
アイドル中 80W 80W
2Dゲーム起動 115W 110W

消費電力が測れるワットメーター付き電源タップ「サンワサプライ 700-TP1052DW」にPC本体だけ繋げて計測。目視により、一番長く表示された消費電力をメモ。そんな感じなので、あくまでも相対的な数字の目安に。

思ったよりも差が無い、というかほぼ誤差範囲。

12Vに関して言えば、GM400WP-Rは最大16Aと14Aの2レーン。
ATX-0250は35Aの1レーンになっているので、機器の消費電力を気にせず繋いでも効率良く使える。

同じ構成でも、通常は430W電源を500W電源に繋ぎかえると消費電力が増えるものですが、80PLUS取得で変換効率が良いせいか消費電力が同じくらいか、少し低くなっています。

更にはパーツの選択肢が広がったという事で…。

というか、買い替える必要は無かったはずなのに、前に起動しなかったのが「電源の所為かな?」って疑ってしまったのと、2,980円という安さと、80PLUSがついている目新しさで買っちゃったよ…。
未だに起動しない時があるし、次はマザボとCPUとメモリかなぁ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました