NEXUS7(2013)-LTEをAndroid5.0.2で使ってみた(2)

NEXUS7(2013)-LTEをLollipopへアップデートしました。

昨日はできなかった設定などをやってみようと思います。

APN設定を登録しなおしてみた

LTEの接続が不安定だったので、念のためAPN設定を削除して登録しなおしてみました。

<APN設定を開く手順>

  1. 「設定」を開きます。
    notice-bar-settings
  2. 「無線とネットワーク」の「もっと見る」を開きます。
    settings-network-more
  3. 「モバイルネットワーク」を開きます。
    network-more-mobilenetwork
  4. 「アクセスポイント名」を開くと、APN設定画面になります。
    mobile-network-APN

<APN設定の削除手順>

  1. APN一覧から削除したいものを選びます。(名前の部分を押します。右側の丸印を押しても開きません。)
    select-apn
  2. 右上のメニューを開きます。
    delete-apn
  3. 「APNを削除」を選ぶと、直ちに削除されます。

<APN設定の追加手順>

  1. APN一覧の右上の[+]を押します。
    add-apn
  2. 「アクセスポイントの編集」が表示されるので、項目を押して内容を入力していきます。
    apn-ocn-mobile-one

    名前: OCN モバイル ONE
    APN: LTE端末: lte-d.ocn.ne.jp
    3G端末: 3g-d-2.ocn.ne.jp
    ユーザー名: mobileid@ocn
    (エムオービーアイエルイーアイディーアットオーシー・エヌ)
    パスワード: mobile
    認証方式: CHAP
  3. 右上のメニューから「保存」を選びます。(保存せずに戻りたい場合には、メニューから「破棄」を選びます。)
    save-apn

アンテナアイコンのところには「!」が表示された後に、「H」が表示されました。

mobile-network-HighSpeed

「FOMA Hi-Speed (3G)」の接続です。

電源ボタンを長押しして「電源を切る」で電源オフにして、もう一度電源をオンにしてみたところ、「4G」の表示がされました。

mobile-network-4g

Wi-Fiをオフにして、インターネット閲覧するなどして接続確認を行います。

NTT DOCOMO系列のMVNOを利用している場合、APN設定の「MVNOの種類」で「SPN」を選ぶとよいという情報もありました。(「MVNO値」に「NTT DOCOMO」と表示されます。)

SIMカードを抜き差しして、モバイルデータの設定も削除して動いたという情報もありました。

タスク一覧が立体的になった

タスク一覧を開いたところ、立体的になっていました。

task-list

表示できる量が増えたのは良いのですが、何でも立体的が使いやすいかというと…。

元の縦表示と切り替えができれば良いのになぁ、と感じました。

アニメーションなどの凝った演出が多すぎて、正直なところ目が疲れます。

2本指なら一回で通知バーの表示ができる

画面上の通知バーを押し下げると(スワイプ)、通知内容が表示されます。

そのままもう一度押し下げるとクイック設定が表示されます。

2回スワイプするのが面倒な場合、指2本で通知バーを押し下げると、1回でクイック起動と通知が表示されます。

Android4.4.xのときの左側を押し下げると「通知」、右側だと「クイック設定」が表示されるのが使いやすかったので、選択できると嬉しいのですが…。

マルチユーザーで使える

待ち望んでいた人もいたと思われる「マルチユーザー対応」がされました。

(マルチユーザーそのものはAndroid4.2からの機能ではあったのですが、NEXUS7を含め無効になっていた機種は多そうです)

クイック設定を開くと、右上の顔アイコンが触れるようになり、ユーザーの追加と切り替えが行えます。

status-user

子どもや、知人が「ちょっとインターネットを見たい」なんていうときには、「ゲスト」に切り替えることで、自分の「メール」や「連絡先」、「スケジュール」の中身が見られるのを防げます。

標準の「フォト」とかでは、ユーザーごとにファイルが棲み分けされているようですが、ファイラーなどではどうなのかは試していません。

(一応、ユーザーのファイルは管理者でも見られないようです。)

一度、ゲストの画面を表示させておくと、次からはロック解除画面の右上から、

unlock-user

ゲストユーザーが選択できるようになっています。

multi-user

家族でタブレットを共有する場合でも、メールや、履歴などの棲み分けが行えるので、気軽に使えるようになります。

他の人が入れたアプリは一覧から分かりますが、個別にインストール作業は必要なようです。

まとめ

子どもにもネット検索するときなどに貸していたりしたので、マルチユーザー機能は便利です。

電池の持ちは平日に使ってみないとまだ分かりませんが、この二日間使っている限りでは、異常な電池の減りや発熱は無いようです。

LTEに関しては、設定をし直しただけでは全然掴んでくれず、再起動したところ「4G」と表示されましたが、やや不安定な感じは否めません。

アプリとしては「dマガジン」が動いてくれているので満足です。

5.0に対応していないアプリは沢山あると思うので、対応状況が分からないアプリをメインに使っている場合にはアップデートは見送っておいた方が良いでしょう。

広告