[WHS]H340にEP-802Aプリンタドライバ 入れてみた

 プリンタ「Epson EP-802A」は無線LAN内蔵のため、家中どのPCからも印刷が出来る状態になっています。
 通常はこれで困らないものの、単純に入れられるかな?という好奇心から、WindowsHomeServerであるH340に、Epson EP-802Aのプリンタドライバを入れてみました。

 今回は、DHCP環境でIPアドレスが変わっても追従してくれるという「EpsonNet Print」と、EP-802Aで印刷するための「プリンタドライバ」をダウンロード・インストールしていきます。

 手順としては、

  1. クライアント側のPCで、EPSONのサイトを開き、「ダウンロード」→「インクジェット複合機 ドライバー・ソフトウェア」→「EP-802A」と辿って行き、EP-802Aドライバー・ソフトウェアのページを開きます。
    (WHS上だと、IEに色々とセキュリティーを保つための規制が掛かっているため面倒です。規制解除するのもお勧め出来ないため、ダウンロードはクライアント側で行いましょう。)
  2. WindowsXPとかVistaとか7は、どれを選んでもファイルは同じもののようですが、今回は「対応OSを選ぶ」から「Windows XP」をクリックしてみました。(XP用の一覧までスクロールするだけなので、押さなくてもOKです)
  3. ドライバー「プリンタードライバー」をダウンロードして保存。
    保存場所は、WHSからも参照しやすいように、「サーバーの共有フォルダ」内がお勧め。今回は分かり易いように「ソフトウェア」フォルダに保存しました。
  4. 印刷ユーティリティー「EpsonNet Print」をダウンロードして同じところに保存。
  5.  「リモートデスクトップ接続」でサーバーに接続。
  6. まずはプリンタードライバー(ep802af660.exe)を実行。[解凍]、[はい]、[同意する]といった感じでインストールを進めて行きます。
  7. 途中でソフトウェア(ドライバー)が検証されていない旨のメッセージが表示されます。内容を読んで、リスクがある事を承知の上でインストールするには[続行]をクリックします。
  8. プリンタを検索しますが、USB等で直接接続していない場合には見つかりませんので[手動設定]を押します。
  9. ポートはまだ作成していませんので、適当なものを選びます。一番上の「LPT1:」とかで良いでしょう。
  10. 今度は検証されていないハードウェアという事で警告が出ます。インストールを続けるには[続行]をクリックします。
  11. インストール出来た旨のメッセージが表示されて、プリンタードライバーのインストールは完了です。
  12. 次にプリンタポートを設定するためにEpsonNet Print(enpv???.EXE)を実行。[解凍]、[次へ]、[同意する]といった感じでインストールを進めて行きます。
  13. 完了したら、「スタートメニュー」から「プリンタと FAX」を選びます。
  14. インストールしたプリンター「EPSON EP-802A」で右クリック、「プロパティ」を選びます。
     
  15. 「ポート」タブを開き、[ポートの追加]をクリックします。
  16. 「EpsonNet Print Port」を選んで、[新しいポート(P)…]をクリックします。
  17. 「EpsonNet Print ポートの追加ウィザード」ウィンドウが開くので、表示されているネットワーク上のEP-802Aを選んで、[次へ(N) >]をクリックします。
  18. ポートタイプ選択が「IPアドレス(自動)」になっているのを確認して[完了]をクリック。
    自動の場合には「名前」でプリンタを探すので、DHCPで起動の度にIPアドレスが変わっても自動追従してくれます。
    DHCP環境で無いなら「IPアドレス(固定)」にしても良いでしょう。
  19. プリンタポートのウィンドウに戻ってくるので、[閉じる]をクリック。
  20. ポートにたった今作った「EPF99999:EP-802A」(赤字はプリンタ名なので、設定によって変わります)が選択されているので、そのまま[適用]をクリックしてから[閉じる]をクリック。
    (適用は押さなくて良いのですが、習慣付けておくと良いでしょう)
  21. これでプリント出来るようになりました。

 「プリンタと FAX」からEP-802Aを右クリック、「共有」を選んで「共有する」に設定すれば、プリントサーバーにもなります。もっとも、EP-802Aは無線LANでどのPCからでもアクセスできるので意味が無いですが…。
 とりあえず、XP用のドライバーでプリンターが動いて、共有設定が出来るのは確認できたので、ネットワーク機能を持っていないプリンタしか持っていない人も、WHSをプリントサーバーとして使っていけそうです。

 ユーティリティー「EPSONプリンタウィンドウ!3(ネットワークモジュール)」をインストールすると、インクの量等も表示されるようになるのも確認出来ました。
 同じページからダウンロード出来るので、WHSから印刷をちょくちょくする人は入れておくと良いでしょう。

広告