MRI、受けてきたよぅΣ(゚ロ゚)o゙(みたび?)

先週程に「咳こみ」からの「体のしびれ」というコンボがあったので、念のため検査にいってみることに。

まずはCTスキャン

土曜日にとりあえずCT(ComputedTomography、コンピューター断層撮影法)スキャンを受けてみました。

というか、病院に行った当日にMRIは出来ないぽい(完全予約制)ので、とりあえずCT取られました。

CTスキャンはベッドに横になって、ベッドが移動とかしている間に輪切りされてあっさり終了です。

 

結果は異状なし。

ぽぽろん「(あぁ、輪切りにされてるなぁ、この写真、欲しいなぁ…!Σ(゚ロ゚)o゙)」
先生「まあ、首とかも心配だし、MRIはとった方がいいなぁ」

ぽぽろん「あ、ではまた、土曜日にでもっΣ(゚ロ゚)o゙」
先生「いや、そういうことじゃなくて、予約取れる日に。早めに。(^^;」
ぽぽろん「!Σ(゚ロ゚)o゙(今日撮ってくれたら万事解決だったのに…!Σ(゚ロ゚)o゙(ワガママ))」

実際土曜日だと、来月の中旬以降まで予約が埋まっていたようです(^-^;

大きな病院の初診時にかかる特定療養費が含まれるので、なんだかんだで合計8,460円でした(^-^;

CTスキャンの検査料と診断料だけだと5,250円くらいぽいです。

そして、MRI受けてきたΣ(゚ロ゚)o゙

そんなわけで、頭部MRI(MagneticResonanceImaging、核磁気共鳴画像法)検査を受けてみました。

生涯三度目くらいのMRIです。

2003年くらいにひどい頭痛があったので脳ドックを受けたのが最初。

脳ドックは健康なときに受けるもので、自覚症状があるなら保険診療で受けられると学習しました。

2012年頃に頭痛が続いたときはちゃんと主症状を訴えて検査を受けました。

機種は「東芝メディカルシステムズ株式会社 1.5テスラ MRI装置/Vantage Titan」だった気がします。

メガネとかコンタクトとか外したり、ペースメーカーとか義手とか義足とか無いとか、閉所恐怖症で無いかなどを確認をしてチェック表に署名。

頭は固定されるし、胸から上は狭い機械の中に入っている状態になるので、ダメな人はダメらしいです。

むしろ、ダメな人はきっと耐えられないので、ガマンして受けようとするのは良く無いです。

検査したら具合悪くなったとか本末転倒です…。

ズボンは検査着に履き替えたものの、上着は着てきたものそのまま。(クリーニングのタグとか付いてたら怖いです!Σ(゚ロ゚)o゙)

今回、指輪はしてても大丈夫とのことでした。

頭のてっぺんから腰くらいまで、金属探知機を当てられますが、大丈夫そう!

 

いよいよ。

ベッドに横になって、頭を軽く固定されます。体もバンドで軽く固定されます。

頭部のヘッドギアみたいなのが下ろされて、MRI装置に入る前から目の前密閉状態。

リタイアを知らされるボタンというか、スポイトの持つところみたいなのを渡されました。

ぽぽろん「(ダメな人はこの状態で凄い恐怖なんだろうなぁ…Σ(゚ロ゚;o゙)」

とか思っている間に検査スタート。

前受けたときは目の前に小さい「鏡」が付いていて、検査員の姿が見えるようになっていて、「これだけでも安心する人もいるんだろうなぁ、きっとΣ(゚ロ゚)o゙」と感心したものの、今回は目の前は壁。

そういえば、機械が動く前から、1秒ずつ「ポーン、ポーン」とか鳴ってました。定期的に鳴っている間は正常とかそういうのかな?Σ(゚ロ゚)o゙

MRI「ガーガーガーガー、ギョギョギョ、ガーギー!」

騒がしいけど、耳の横も抑えられているのでそんなにうるさくは無く。

MRI「ガーガーガーガーガー、ゴーゴーゴーゴーゴー!」
ぽぽろん「あぁ、磁気ヘッドのアクセス音が…HDDになった気分だぁ…!Σ(゚ロ゚;o゙」

そして、

ぽぽろん「(ね、寝そう!Σ(゚ロ゚)o゙)」

きっと寝たら、お医者さんに「よく寝られますね…」とか言われちゃうんだ!Σ(゚ロ゚)o゙

というわけで、Pz-LinkCardのこととかwp-cronのこととか考えて寝ないように頑張ります!Σ(゚ロ゚)o゙

そして、無事検査終了。

 

だいたい30分くらい。前回(他の病院)に比べると長く感じました。

やっぱり機種とかによって検査時間違うのかなぁ。

今回のは「コン、コン、コン」っていうノック音はありませんでした。あれ、けっこう好きなのになぁΣ(゚ロ゚)o゙

 

前回の先生、凄い優しい感じで分かり易い感じだったのですが、その先生の予約はとれず。

ちょっとこわそうな先生ですΣ(゚ロ゚)o゙

先生「…(クリック、ドラッグ、ホイールぐりぐりー)」
ぽぽろん「…Σ(゚ロ゚)o゙」
先生「…(クリック、ドラッグ、ホイールぐりぐりー)」
ぽぽろん「…Σ(゚ロ゚)o゙(何か言って…!)」
先生「…(クリック、ドラッグ、ホイールぐりぐりー)」
ぽぽろん「…Σ(゚ロ゚)o゙(っていうか、この血管クッキリ写ってる写真、欲しいなぁ…!)」
先生「…んー、特に異常は無さそうですねー」
ぽぽろん「そ、そうですか…!Σ(゚ロ゚)o゙(この写真、欲しいなぁ…!)」

そんなわけで異常なし。

異常なしは良いことなのですが、むしろ「ここがちょっと気になるから薬飲もうかー」みたいな流れの方が安心だったのですが(^-^;

まあ、10分くらいでおさまったし。1回だけだし。こんなもんかー。

 

今回は初診じゃないのもあって3,980円。

MRIの検査料と診断料が3,552円くらいぽいです。

CTって?MRIって?

詳しくはWikipediaなどがよろしいですが。

CTスキャンはX線を使った撮影をしますので、多少なりとも被ばくがあります。

ベッドに寝っ転がって、ドーナツ型の装置に頭部をつっこみます。

ドーナツ型の装置の中で「フィーン」と、何かがモーターで動く音がして、「あぁ、今、輪切りにされたなぁΣ(゚ロ゚)o゙」とか思っていると終了です。

 

MRIは強力な磁石をあてて、水素原子か何かの向きが変わったりするのを電波をあてて観測するっぽいです。(かなり端折った)

磁気を利用するので被ばくは無いものの、心臓ペースメーカーのほか、金属類は装着したまま検査はできません。

コンタクトレンズや化粧品、湿布などは金属では無いものの、磁性体を含んでいるものがあるらしく、その場合は発熱してしまってヤケドになることがあるようです。

 

頭のまわりとかを囲まれて、さらに狭い装置の中に入るので、閉所恐怖症の方はやめた方がよろしいようです。

そして、音がうるさいです。30分くらいずっとガーガーゴーゴー鳴ってます。うるさいのがダメな方もやめた方がよろしいようです。

通常には安全性が高いようですが、30分と長い時間、狭い装置内、大きい音と、ダメな方にとっては苦痛な時間が長いようです。(自分は寝れそうな感じですけども。)

そして強力な磁力。うっかり持ち込んだりすると負傷事故とかにつながるのがこわいです。

 

ぽぽろん「あぁ…。Σ(゚ロ゚;o゙」

 

ぽぽろん「あの写真欲しかった…!Σ(゚ロ゚)o゙」

 

次行ったときとかにもらえたりするかなぁ…!Σ(゚ロ゚)o゙

コメント

タイトルとURLをコピーしました