VAIO VPCJ216FJを設定したりしてみた

前回、リカバリーした「SONY VAIO VPCJ216FJ/L」に行った設定のメモです。(→前回記事

不要なソフトウェアのアンインストール

機種は一体型タイプの「SONY VAIO VPCJ216FJ/L」です。スペックなどは「前回記事」参照。

まずは、不要なソフトウェアのアンインストールを行いました。

  • 「Google Chrome」
    本当はAndroid端末である「Optimus it L-05D」があるので、組み合わせて使えば印刷が手軽に出来たりと、便利なのですが…。
    フリーソフトを入れて、トップ画面ジャックされてどうしようも無かった事があったので、安全を取ってアンインストール。
  • 「i-フィルター 6.0」
    子ども用では無いため、アンインストール。もっとも、使用者が大人であっても「インターネットに慣れていない方」とかにはフィルタリングソフトは有用な場合があります。
    フィルタリングとしては優秀ですが、設定画面が使いづらかった記憶があります。(改善されているかも?)
  • 「Norton Online Backup」
    「ファイナル 丸ごとバックアップ」を搭載しているUSB3.0 HDD「TOSHIBA CANVIO CONNECT HD-PD50GS」を購入したため。
  • 「ウイルスバスター2011 クラウド」
    今までも父親が購入している「ウイルスセキュリティZERO 3台用 Uメモ版」を使っていたため。
  • 「VAIO gate Default」「VAIO gate」
    画面の上の方から引っ張り出して使うラウンチャー(起動メニュー)です。タッチパネル搭載機種で使うと面白いのかも知れませんが、それ以上に動作が遅すぎて使いづらいため。
  • 「Adobe Flash Player 10 ActiveX」「Adobe Flash Player Plugin」
    YouTubeで動画が再生出来なかったためアンインストール。
  • ガジェットの削除
    「VAIO サポート ツール」を[×]を押して閉じる。「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「ガジェットのアンインストール」からアンインストールも出来ますが、面倒なので閉じるだけにしました。

新しいバージョンを入れる予定のソフトウェアは、いったんアンインストールしてしまった方が、プログラム一覧やフォルダーがキレイになるかも知れません。

アンインストールを行うと、再起動を促されるものがあります。

「あとで再起動」を選んで他の作業を続けることも出来ますが、同種のソフトウェアをインストールする場合(ウイルス検知ソフトをアンインストールして、別製品をインストールするなど)や、最新バージョンを入れ直す場合には再起動を行っておきましょう。

設定が必要なソフトを起動しておく

ソフトウェアによっては、初回起動時に設定を聞かれるものがあります。

「いざ使いたい!」というときに設定を聞かれてくると、「いますぐ使いたいのに!」とイライラする元に。

今のところ使う予定が無いソフトウェアでも、起動しておくと良さそうです。

  • 「Microsoft Internet Explorer」
    起動して、推奨設定を選ぶ。「ツール(T)」→「インターネット オプション(O)」からホームページを設定。母親の希望により「http://www.yahoo.co.jp/」を設定。
  • 「Microsoft Windows Media Player」
    起動して、推奨設定を選んで、閉じる。
  • 「Microsoft Office」
    WordかExcelを起動。更新の設定を聞かれるので「推奨設定を使用する(U)」を選んで、閉じる。
  • 「Adobe Reader」
    起動すると言語を聞かれるので「日本語」を選択する。使用許諾に同意して、メニューが表示されたら閉じる。
    reader-language
  • 「Giga Pocket」
    起動して、地域設定、チャンネルスキャン、拡張スキャン、ネットワーク配信の順番で設定を行って、閉じる。

今回はGiga Pocketでの録画が目的だったので、リカバリー直後にGiga Pocketの初期設定は済ませました。(詳細は「前回記事」参照。)

チャンネルスキャンが10分程度はかかります。

「この番組、録画したい!」と思って→Giga Pocket起動→チャンネルスキャンに10分

とか、途方もなく長く感じるので、やっておきましょう。

あと、録画ボタンを押して録画できる事も確認しておきましょう。

ソフトウェアのダウンロード・インストール

ダウンロードしてインストールしたソフトウェア、ドライバー。

  • Skype
    Microsoftのメッセンジャーと統合されています。
  • OneDrive
    今のところ母親が使う予定はありませんが、一応インストール。Android版と同期させると便利です(Googleドライブでもいいけど)。
  • PIXUS MG6130 MP Driver Ver. 1.05 プリンタードライバー
    リカバリー時にうっかり忘れがちなプリンタードライバー。いざ印刷したいときにプリンターが設定されてないと悲しいです。

保存したHDDからファイルの書き戻し

今回は「ファイナル 丸ごとバックアップ」によるイメージバックアップだけで無く、フォルダー/ファイル単位でもコピーしてバックアップを取っていたので、コピーします。

  • デスクトップのアイコンを表示
    デスクトップで右クリック→「個人設定」。「デスクトップ アイコンの変更」を選び、「コンピューター(M)」「ごみ箱(R)」「ユーザーのファイル(U)」にチェックを付けます。
    デスクトップに「ユーザーのファイル(U)」にチェックを付けることで、ユーザー名のフォルダーがデスクトップに表示されるので、「マイ ドキュメント」「マイ ピクチャ」などが開きやすくなります。
  • 「お気に入り」をHDDからコピー
    デスクトップに表示されたユーザーのフォルダーの中から「お気に入り」フォルダーを開きます。
    元々入っているファイル(インターネットのショートカット)は削除して、HDDからコピーします。
  • 「音楽」「写真」「ドキュメント」「デスクトップ」をHDDからコピー
    それぞれ書き戻します。「デスクトップ」については画面がファイルだらけになってしまうので、「旧・デスクトップ」フォルダーを作成して、その中に書き戻します。

WEI(ウィンドウズ エクスペリエンス インデックス)を測ってみる

ついでなので、パフォーマンスの評価をしてみます。

  1. コンピューターを右クリック→プロパティを選んで、「システムのプロパティ」を開きます。
  2. 「システムの評価を利用できません。」と表示されているところをクリックして、「お使いのコンピューターのパフォーマンスの評価と改善」ウィンドウを開いて、評価を実行します。
    vaio-pcj216fj-wei

「基本スコア」は、各機能ごとの「サブスコア」の一番低い値が採用されます。

WEIは、単純に「機能の多さ」や「速さ」だけでスコアが高くなるわけでは無いので、あくまでも参考に留めるべきではありますが、Windowsを使うにあたってある程度の速さの目安になります。

「プライマリ ハード ディスク」なんかはRAIDとか組んで超高速アクセスだとしても、「SSDじゃない」というだけで「5.9」で頭打ちのようです。

あとは通常利用

リカバリー直後は「Windows Update」がなかなか終わりません。

一晩かけても終わらないものもあるので、何十個や百以上の更新が来たら、更新を初めて放置して寝ましょう。

あまりソフトウェアをインストールしていないつもりでも、リカバリーをすると「年賀状ソフトが無い!Σ(゚ロ゚)o゙」とか「周辺機器のドライバーが必要だった!Σ(゚ロ゚)o゙」とかいうのがどんどん出てきます。

あ、そういえば「Optimus it L-05D」のドライバー入れてなかったかも。

広告