Visual Studio 2019 Community をインストールしてみた

導入してみた

Visual Studio 2019 Community をインストールしてみました。

MicrosoftのIDE

Microsoftが無料で出している統合開発環境(IDE)である「Visual Studio 2019 Community」をインストールしてみました。

インストールして起動

インストールして再起動して、「Visual Studio 2019 Community」を起動。

サインイン画面が出てきて、開発用に何かアカウントを取らないといけないのかと思いましたが、普通にMicrosoftアカウントでサインインできました。

初めてのC++

今までBASICばかりでC系列に触れていなかったので新鮮です。

でも、#include <stdio.h> の記述は無いみたいですね。

初めての実行・・・拒否されました

[F5]を押して、デバッガー実行。

「プログラム ‘C:\Users\poporon\source\repos\popozure\Debug\popozure.exe’ を開始できません。 アクセスが拒否されました。」と表示されてデバッガー実行できません。

[Ctrl]+[F5]のデバッガー無し実行ならできるのですが。

Google先生に聞いてみても、同じ事象が起きている人はけっこういるようなのですが解決方法が見つかりません。

ぐぬぬ・・・。

コンソール アプリなら実行できた

ターミナル(MS-DOSコマンド プロンプト)向けアプリならデバッガー実行できました。

デスクトップ アプリだと上手くデバッガー実行できないようです。

とりあえず、少しずついじっていきます。

では、この辺で。(^-^)o

コメント

タイトルとURLをコピーしました