お肉の生食

 自分はそもそも肉はよく焼く派なのでした。
 何だか今回、肉の生食(ゆっけ)で食中毒が出て、死者まで。
 まずはお見舞い申し上げます。

 とりあえず、何をどう批判するとか言う事じゃなくて、気を付けないといけないと思う。
 やっぱり自分の命は大切だしね。家族の命もね。

 横断歩道渡る時も、「歩行者優先だから!」という事では無くて、「ルールを守らない車が来たら自分がケガをする。もしくは死亡する。相手が悪かろうと、自分が正しかろうと、自分の身を守ろう」という事で、安全確認を頑張るように子供には注意をしている…つもり。

 まあ、話を戻して。
 何だかそのお店の社長さんが「生食用のお肉の流通実績はありません!」と言ってたけど、どういう事かな?
 と思ったら、そのお店のホームページから「東京都福祉保健局」の「ちょっと待って!お肉の生食|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局」ページにリンクが張ってそこに、そのフレーズがまんま書いてあった。

 見ると、「子どもは食肉を生食すべきでは無い」という事が書いてある。
 あとはその、「生食用の牛肉、鶏肉は流通していません」という言葉。それを読んでいくと、「したがって、牛肉、鶏肉は、生で食べると食中毒になる可能性があります。」と続いている。

 たばこの箱に、「タバコを吸うとね、死亡率が上がったりね、癌になる可能性が高くなるよ?」っていうような事が書いてあるように、肉が生食出来るお店ではこういう表示をしていくのかなぁ?
 あんまし気持ちの良い表示では無いけど、知識無く、自衛出来ないまま不幸な事故が起こるよりも、「あ、子供に食べさせると危ないんだ」って回避出来る方が良いのかも。

 っていうか、昔食べに行った焼肉屋の店員さんに「食中毒にならないように、生肉はトングで扱ってくださいね。加熱すればほとんど危険は無いです」って説明を受けた記憶が。

 お店の衛生管理を信じて食べに行っている身としては、違法かどうかでは無くて、しっかり衛星管理して欲しいもの。でも、それが値段に跳ね返って来たら安いお店に行ってしまうのもまだ事実。
 難しいもんだ。

日記/雑記
スポンサーリンク
ぽぽろんをフォローする
この記事を書いた人

「ただいま」の挨拶よりもパソコンの電源を入れる方が先なパソコンおたく。プログラミングもするけど、パソコンを触っていること自体が趣味。

ぽぽろんをフォローする
ぽぽづれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました